【効果大】音読や素読など音声学習を実践し成功した偉人たちを紹介

こんにちは。音声学習ドットコムです。こちらの記事では音読や素読など音声学習を実践して大成功を収めた偉人たちのエピソードを紹介します。ぜひ彼らの音声学習法を参考に、日々の学習にお役立てください。

音声学習を実践し成功した偉人たち

孫正義

皆さんご存知、ソフトバンクグループ社長の孫正義は勉強の鬼でした。16歳のときに短期留学で訪れたアメリカに心奪われた孫正義は、17歳のときに偏差値75を誇る久留米大学附設高等学校を中退してしまいます。その後、単身アメリカに渡り、カリフォルニアの高校に編入しました。そして編入して1週間後、校長に「いますぐ3年生にしてほしい」と直談判し認められました。そしてすぐさま大学受験のために必要な検定試験を受け、合格。何とアメリカでの高校生活をたったの3週間で終えたのです。

そしてホーリー・ネームズ・カレッジに入学した孫正義は、ここからさらに猛勉強に励みます。食事をするときも風呂に入るときも勉強。信号待ちの時間さえもったいなく、教科書を取り出しては穴が開くまで読んでいました。

そんな孫正義が実践していた勉強法のひとつが「講義を録音したテープをヘッドホンで聴く」という音声学習です。車を運転するときや歩いている際に常に講義の音源を聴いていたと話しています。

「僕は世界で一番勉強した。間違いなく。世界一勉強した」と語る孫正義。

わずかな時間ですら大切にする彼にとって、いつでも授業が聴ける音声学習はこれ以上ないほどストイックな勉強スタイルにマッチしていたのだと思います。それにしてもすごい…

アインシュタイン

特殊相対性理論や一般相対性理論を提唱しノーベル賞を受賞したアインシュタイン独り言が多かったと言われています。頭に浮かんだアイデアが自然と口から出てしまい、独り言を呟きながらアイデアを発展させていたと伝えられています。

独り言が脳に与える効果については実際に研究が行われています。ペンシルバニア大学の心理学教授Daniel Swigley氏は被験者を2つのグループに探し物をさせる実験をしました。片方のグループは無限で、もう片方のグループには探し物の名前を口ずさみながら探し物をさせました。

するとどうでしょう。声に出して探した方が見つけ出すまでに時間が短かったのです。この実験から独り言には脳の認知能力を高める効果があることが分かりました。

独り言も声を使ったある種の音声学習と呼ぶことができます。周りの迷惑にならない程度で独り言を勉強に取り入れてみるのもいいかもしれません。

 

ハインリヒ・シュリーマン

ドイツの考古学者ハインリヒ・シュリーマン15カ国語(英語、フランス語、オランダ語、スペイン語、ポルトガル語、スウェーデン語、ポーランド語、イタリア語、ギリシャ語、ラテン語、ロシア語、アラブ語、トルコ語、ドイツ語)を習得した天才です。彼は仕事の合間に大量の音読をすることで次々に言語を習得していきました。

他にも興味のある対象について大量の作文を書いたり、前日に音読した内容を翌日も繰り返し音読するなどの勉強法を実践していました。

音読は音声学習で最もメジャーな方法ですが、シュリーマンほどストイックに打ち込めば大量の言語を習得するのも夢ではありません。

谷崎潤一郎

近代日本文学を代表する小説家・谷崎潤一郎は「文章読本」という著書に

「古典の文章は大体音調が快く出来ていますから、わけが分からないながらも
文句が耳に残り、自然とそれが唇に上ってきて、
少年が青年になり老年になるまでの間には、
折に触れ機に臨んで繰り返し思い出されますので、
そのうちには意味が分かってくるようになります。
古の諺に「読書百遍、意自から通ず」というのはここのことであります。」

という言葉を残しています。つまり意味が分からなくても、とりあえず声に出して読むことで文字に対する抵抗がなくなり、スムーズに理解することができると谷崎は考えていました。

このように意味を理解せず文字を声に出すことを素読と呼びます。分からなくてもいいからとにかく文字の通りに声に出して読んでみる。素読によって文章に対する感性が磨かれ、谷崎潤一郎の名作の数々が生まれたのかもしれません。

 

緒方洪庵

江戸時代後期に医師、そして蘭学者として活躍した緒方洪庵も素読を実践していました。洪庵が開いた「適塾」ではオランダの書物を理解して西洋の学術を研究する学問「蘭学」を教えていました。

オランダを全く知らない入塾生に対し、洪庵はひたすら文章を大声で読み上げるように指導しました。これもまさしく素読です。洪庵の文科生には福沢諭吉大村益次郎など明治維新で大活躍した優秀な人物たちがたくさんいました。

洪庵が教えた素読が彼らの教養を育んだのです。

 

いかがでしょうか。音声学習を実践し成功した偉人たちを紹介しました。ぜひ彼らを参考に、皆さんの音声学習にもお役立てください。

 

僕はAmazonが提供するオーディオブックサービス”Audible”を活用して音声学習をしています。30日間の無料体験で本が1冊無料でもらえ、無料体験終了後に解約してもずっと残るのでおすすめです。

無料体験はこちら(Amazon公式サイト)

 

おすすめの本や使い方はこちらの記事でも紹介しています。ぜひご活用ください。

関連記事

こんにちは。音声学習ドットコムです。この記事では毎日Audibleを聴いている僕が心からおすすめできるAudibleのおすすめ本を20冊厳選して紹介していきます。 Audibleでは30日間も無料体験ができ、本を1冊無料でゲットすることが[…]

関連記事

こんにちは。音声学習ドットコムです。この記事では音声学習を3年間続けている僕がオススメするAudibleの使い方を紹介します。僕自身、Audibleを使って音声学習を続けた結果、TOEICのリスニングで495点満点中465点を取ることができ[…]

最新情報をチェックしよう!